•  ガイドラインにおける用語について解説する。用語の解説は平成10年3月に公表された厚生省老人保健推進費等補助金老人保健福祉に関する調査研究事業「がん検診の有効性評価班」報告書(主任研究者 久道茂)に基づき、追加・修正を行ったものである。


    あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行

    あ行▲このページのトップへ戻る
    アナリティック・フレームワーク
    (analytic framework)
    インテンション・トゥ・トリート分析
    (intention to treat analysis)
    エビデンス・テーブル
    (evidence table)
    エンドポイント
    (endopoint)
    オッズ比
    (odds ratio:OR)
    か行▲このページのトップへ戻る
    過剰診断
    (overdiagnosis)
    がん検診の有効性
    (effectiveness of cancer screening)
    感度の測定法(同時法・追跡法)
    (diagnostic method / follow-up method)
    QALY 質調整生存年
    (Quality Adjusted Life years)
    系統的総括
    (systematic review)
    検査の精度
    (accuracy)
    検診
    (screening)
    効果
    (effectiveness)
    効能
    (efficacy)
    効率
    (efficiency)
    構造化要約
    (structured abstract)
    コホート研究
    (cohort study)
    コンタミネーション
    (contamination)
    コンプライアンス
    (compliance)
    さ行▲このページのトップへ戻る
    時系列研究
    (time series study)
    至適基準
    (gold standard)
    死亡リスク
    (mortality risk)
    死亡率
    (mortality rate)
    受診率
    (screening rate)
    証拠のレベル
    (level of evidence)
    症例対照研究
    (case-control study:CCS)
    信頼区間
    (confidential interval)
    推奨
    (recommendation)
    スクリーニング検査
    (screening test)
    生存率
    (survival rate)
    精密検査
    (work-up examination)
    説明と同意、
    インフォームド・コンセント
    (informed consent:IC)
    セルフセレクション・バイアス
    (self-selection bias)
    相対危険度
    (relative risk:RR)
    組織型検診
    (organized screening)
    た行▲このページのトップへ戻る
    対策型検診
    (population based screening)
    滞在時間
    (sojourn time)
    地域相関研究
    (ecological study)
    致命率
    (fatality rate)
    中間期がん
    (interval cancer)
    トレード・オフ
    (trade off relationship)
    な行▲このページのトップへ戻る
    任意型検診
    (opportunistic screening)
    は行▲このページのトップへ戻る
    バイアス、偏り
    (bias)
    p値
    (p-value)
    費用効果分析
    (cost effectiveness analysis)
    費用効用分析
    (cost utility analysis)
    費用便益分析
    (cost benefit analysis)
    ま行▲このページのトップへ戻る
    前向き研究
    (prospective study)
    後ろ向き研究
    (retrospective study)
    マッチング
    (matching)
    無作為化比較対照試験
    (randomized controlled trial: RCT)
    メタ・アナリシス
    (meta-analysis)
    や行▲このページのトップへ戻る
    要精検率
    (recall rate)
    ら行▲このページのトップへ戻る
    ラテントがん
    (latent cancer)
    ラベリング効果
    (labeling effect)
    リードタイム・バイアス
    (lead time bias)
    利益・不利益
    (benefit・harm)
    罹患率
    (incidence rate)
    レングス・バイアス
    (length bias)