がん検診マネジメント 精度管理・受診率向上対策 がん検診 ガイドラインについてはこちら がん検診マネジメントのトップページへ 科学的根拠に基づくがん検診推進のページ がん検診マネジメント
トップページ  >  がん検診マネジメントとは:がん検診マネジメントの概要
  • がん検診マネジメントの概要

 がん検診の目的である死亡率減少のためには、有効性の確立したがん検診を正しく行うことが原則です。正しく行うための具体的方法が、精度管理・事業評価です。
 精度管理を改善するためには、品質管理システムを参考に、3つの段階「目標と標準の設定」、「質と達成度のモニタリング・分析」及び「改善に向けた取り組み」を構築していく必要があります。
 「目標と標準の設定」の段階では、市町村におけるがん検診の対象者を定義したり、がん検診システムを検討するための各種の指標を決定します。


■がん検診マネジメントに用いる指標のページへ


 「質と達成度のモニタリング・分析」の段階では、「目標と標準の設定」の段階で定めら得た指標をモニタリングし、市町村を始めとする検診実施主体が、がん検診が適正に運用しているかを分析します。
 「改善に向けた取り組み」の段階では、質と達成度のモニタリング・分析」の段階で明らかになった問題点」の対策を検討します。がん検診に関する情報を提供し、必要に応じて立ち入り検査などの指導を行います。



図 がん検診精度管理・事業評価推進のための3段階




■がん検診マネジメントとは がん検診マネジメントに用いる指標