• がん検診ガイドラインの考え方


  • 間接的証拠


     間接的証拠を評価するために、各がん検診についての一連の流れを図式化したAnalytic Framework(図5)を作成します。Analytic Frameworkとは、各段階における検査や治療の結果を評価するために、スクリーニング、精密検査、治療、転帰(生存・死亡)の一連の流れを図式化し、まとめたものです。間接的証拠としては、精度、発見病期、生存率、治療の評価などが該当しますが、これらは、単独の証拠として不十分であっても、結果の方向性が同一であれば、間接的証拠として採用される可能性があります。ただし、すでに無作為化比較対照試験でがん検診として有効性が評価された方法に比べ、精度が高いことや、死亡率減少効果が増大することが期待された場合、総合的に評価して、がん検診として有効性ありと判断されます。



    図5 がん検診のAnalytic Frameworkと検討課題



    各段階における検討課題

    がん検診により、対象となるがんの死亡(あるいは罹患)を減少できるか
    対象集団における当該がんの罹患率(有病率)
    検診
    1) 精度(感度・特異度)はどの程度か。どのように算出されているか。他の検診方法と比較可能か。
    2) 発見がんの病期分布
    検診・精密検査の不利益
    1) 偶発症
    2) 過剰診断
    3) 要精検率
    4) 受診者の負担
    適切な治療法が存在し、対象となるがんの死亡(あるいは罹患)を減少できるか
    適切な治療法が存在し、中間結果(進行がんなど)を減少できるか
    1) 治療効果の評価
    2) 検診発見がんと臨床がんとの生存率比較
    治療の不利益
    1) 偶発症
    2) 過剰診断
    3) 受診者の負担
    中間結果(進行がんなど)の減少が、対象となるがんの死亡(あるいは罹患)の減少につながるか




  • <<直接的証拠
  • >>証拠のレベル