がん検診マネジメント 精度管理・受診率向上対策 がん検診 ガイドラインについてはこちら がん検診マネジメントのトップページへ 科学的根拠に基づくがん検診推進のページ がん検診マネジメント
トップページ  >  がん検診精度管理のための対策:都道府県がん対策推進計画
  • 都道府県がん対策推進計画

都道府県がん対策推進計画策定に関する情報


「がん死亡率減少」の目標達成には都道府県がん対策推進計画の策定が重要で、そこに実効性のある具体的な計画を盛り込む必要がありますが、その内容の決定は容易ではありません。計画策定のために必要な情報の共有を目的として、情報を提供します。
実効性を目指した具体的な計画の例として、大阪府立成人病センター調査部によるがん対策推進計画案(PDF:170KB)を掲載しております。
この計画案は、WHOのがん対策ガイドラインを参考にして作成されています。特徴は以下の通りです。

特徴:
・目標を「到達しなければならない」「到達すべき」「到達が望ましい」の3つにランク分けし、達成のための具体的な行動が明記。
・対象(都道府県、市区町村、医療機関、住民)別に示されている。※数値目標の設定は困難であり、現時点では枠組みを示すに留まっている。


題 名 概 要
がん検診に関する都道府県がん対策推進計画
(PDF:68KB)
都道府県におけるがん検診の推進計画に基本条件を提示している
大阪府立成人病センター調査部によるがん対策推進計画案
(PDF:189KB)
実効性のある都道府県がん対策推進計画を作成するための計画例(早期発見に関する部分のみ)




■がん検診精度管理のための対策 | 都道府県で行うがん検診精度管理について
生活習慣病検診等管理指導協議会の活性化