がん検診マネジメント 精度管理・受診率向上対策 がん検診 ガイドラインについてはこちら がん検診マネジメントのトップページへ 科学的根拠に基づくがん検診推進のページ がん検診マネジメント
トップページ  >  基本理念:目的
  • 目 的

 がん検診によりがん死亡を減少させるためには、有効な検診を正しく実施する必要があります。 有効性(がん検診アセスメント)については、平成10年3月の「がん検診の有効性評価に関する研究班」報告書(主任研究者 久道茂)をはじめとして、平成 11年3月、平成13年3月と過去3回にわたる評価が行われています。今後とも、最新の知見に基づいて、継続的に評価を更新し、政策決定の基礎とする必要があります。諸外国では、公的な常設機関によりガイドラインの作成・更新が行われており、その詳細な手順も公表されています。それらを参考に、有効性評価のための手順書を作成し、定式化された方法により評価を行います。


 また、有効性が確立されたがん検診を正しく行う(がん検診実施マネジメント)ための重要課題は、受診率対策と精度管理です。わが国におけるがん検診の受診率は10〜30%と欧米諸国に比べ低率で、精度管理には地域差がみられます。そこで、欧米の対策を参考に、わが国における受診率及び精度管理に関する対策を検討し、改善を支援します。


 本ホームページは、科学的根拠に基づくがん検診 推進するための情報を提供すると共に、がん検診の研究者や検診従事者の方々の、意見交換の場でもあります。適切ながん検診を推進していくために、皆様のご意見を広く求めています。




■基本理念 概 要